パイロット キャップレス万年筆!実用性が最高でおすすめ!

 

パイロットといえば、日本人なら誰もが知っている大会社ですよね。

そんなパイロットですが、万年筆にかなりの力を入れている会社

だというのは、あまり知られてはいません。

 

むしろ、車で言うとトヨタのイメージに近くて、

品質が高いのに外国製の様に華やかなイメージがないので、

国産万年筆メーカーとして損をしていると、言えるかもしれませんね。

 

そんなパイロットの万年筆は、日常使いの万年筆としては最高です。

 

特にパイロット キャップレス万年筆は実用性の高さから

海外でも人気の定番万年筆で、

誰にでもおすすめできますので、今回紹介しますね。

スポンサーリンク

キャップレス万年筆とは?

パイロットのキャッ プレス万年筆は、

ノック式ボールペンのように、「カチッ」と

ノックをしてペン先を繰り出す万年筆です。

 

pilot_capless2

出典:http://www.pilot.co.jp/

 

パイロットが開発・製品化した世界初のノック式万年筆として、

1963年の発売以来の定番品です。

 

キャップレス万年筆は、ラミーのダイアログ3など、

外国メーカも発売しています。

 

ただ使い勝手で言うと、軸のバランス感や、ペン先の気密性など、

パイロットのキャップレス万年筆のが数段上ですね。

さすが国産万年筆です!

 

capiess_matblack

出典:http://www.pilot.co.jp/

 

スポンサーリンク

ラインナップ

キャップレス万年筆は3種類のモデルに分かれます。

 

キャップレス・・・スタンダードなシリーズで、男性におすすめ

キャップレス デシモ・・・軽量で細身のシリーズで、女性におすすめ

キャップレス  フェルモ・・・ペン先の出し入れの際、回転させる方式でやや重め

 

長さ 最大径 重さ
キャップレス 140mm φ13.4mm 29.7g
デシモ 139.4mm φ11.6mm 21g
フェルモ 139.4mm φ12.4mm 33.5g

 

独特の外観

万年筆は携帯するとき、ペン先が上の状態でなければ、

インク漏れの可能性があります。

 

ところが、パイロットのキャップレス万年筆は、キャップが無いので、

軸先の部分にクリップが取り付けられている、独特の形状となっています。

 

そのため筆記時には、クリップの部分に指をそらせる様な形で、

ペンを持つ事となります。

 

ペンを変わった持ち方をする人は、クリップの部分が邪魔に感じて

持ちにくく感じるかもしれませんね。

ただ、管理人の個人的な感想としては、逆にメリットもあるかと思います。

 

ラミーサファリもそうですが、ペンの持ち方をうまく教えてくれるので、

万年筆を使い慣れていない初心者の方には、持ちやすいかもしれません。

 

また電話の最中で、とっさに万年筆を使うとき

ペン先が紙にあたる角度を、自分の目で確認しなくても、

クリップ部分に指を沿わせて紙に当てれば、

すぐに筆記することができます。

 

通常の万年筆は、

①キャップをとる

②キャップを置く・お尻にさす

③紙にペン先を当てる

④ペン先が紙にあたる角度を目視で調整する

⑤筆記する

 

ですが、パイロットのノック式キャップレス万年筆は

 

①ノックする

②持ち直す

③紙にペン先を当てる

④筆記する

 

と、動作が少ないですので、筆記までの準備時間が半分以下になります。

つまり、電話などでメモをとる時ほぼボールペンと同じ感覚で、

万年筆を使えるんです。

 

また、携帯性にも優れていて、スーツの内ポケットに入れっぱなしで、

数日過ごしてもインク漏れもなく、使いたいときにすぐに使える

機動性はとても便利です。

 

まさに、パイロットのキャップレス万年筆は、

ビジネス使いとして最適な万年筆とではないでしょうか。

 

気密性は?

パイロットのキャップレス万年筆は発売から数十年と、

かなりの時間がたっていますので、

いわゆる枯れた技術で作られています。

 

そのため、気密性も十分確保されており、

1~2か月間ぐらい放置しておいても、

問題なく筆記することができます。

 

ただ、さすがのキャップレス万年筆も、

半年放置するとインクが乾いてしまいます。

 

ですので「たまにしか万年筆を使わないよ!」という人には、

1年放置してもインクが乾かない、

プラチナ 万年筆の #3776 センチュリーの方がいいかもしれませんね。

 

 

ペン先の書き心地は?

管理人は、18金の細字(F)を使っています。

ペン先が小さいにも関わらず、フワッと弾力がありながら、

腰のあるタッチで、日本語がとてもうまく書けます

 

細字(F)だと、ボールペンとほぼ同じ太さですので、

とても使いやすい字幅です。

 

ペン先の品質はさすが、国産万年筆の雄のパイロットだけあって、

素晴らしいものがあります。

 

ペン先の種類は、スチールペン先と、18金ペン先がありますが、

価格も1万円台で手に入りますので、

管理人としては、18金ペン先の方をおすすめします。

 

コンバーターが別売りなのは残念!

コンバーターは別売りですので、コンバーターを利用する人は、

本体の購入とは別に購入する必要があります。

 

パイロットはCON-70という大容量コンバーターがあるのですが、

キャップレスはCON-20・CON-50という

容量が少ないコンバーターしか使えません。

 

CON-20は安いですが好き嫌いが分かれますので、

CON-50での利用が一般的ですね。

 

ちなみに、コンバーターを利用するとインクの残量

キャップレス万年筆の構造上、分かりにくくなってしまうので、

少し不満を感じます。

 

インク残量の把握がしづらいのは、

パイロットキャップレス万年筆のデメリットですね。

 

いざというときに、インクの残量がほとんどない!

という事態を防ぐためにも、

カードリッジは用意した方が良いかもしれません。

 

おすすめモデルは?

男性なら

キャップレス マットブラックの18金モデルですね。

パイロットらしからぬデザインで、かっこいい万年筆です。

 

 

 

女性は、軽量で軸が細めの、キャップレス デシモが使いやすいと思います。

18金万年筆がAmazonで1万円弱で買えるのはかなりお得です。

女性的な色も魅力的ですね。

 

 おわりに

正直パイロットの万年筆は、モンブランやイタリアの万年筆の様な、

 色気が欠けるので、食わず嫌いな人が多いイメージがあります。

 

ただ、パイロットのキャップレス万年筆は、

使ってみると、かなり便利で使いやすいペンです。

 

万年筆は使い勝手が・・・

 

と思う人は、ぜひ1度キャップレス万年筆を試してみて下さい。

一般の文房具屋さんにも、結構置いてありますよ。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

2 Responses to “パイロット キャップレス万年筆!実用性が最高でおすすめ!”

  1. BZK より:

    私の数少ない亡父の形見が、この「パイロットのキャッ プレス万年筆」です。亡父は、毎日日記をつけていましたが、体が不自由となり、ベッド生活を強いられた際は、このペンを大変重宝にしていたようです。それを今では私が日記に使用しています。

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    お返事遅くなって済みません。

    お父様の形見の万年筆を大切にされているなんて、ステキですね。

    パイロットは、ペンクリニックを地方でも開催していたりと、アフターケアをとても親身にしてくれる会社なので、私も10年物のキャップレス万年筆が現役です。
    ぜひ大切になさって下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ