プラチナ万年筆がおすすめ!#3776センチュリーが熱い!

 

本格万年筆を1本ぐらい持っておきたいと思っても、

外国製の高級万年筆に何万円も出すのはちょっと・・・

という人は多いですよね。

 

以前のエントリーで5,000円以下の入門用の万年筆として、

ドイツ ラミー社のサファリ万年筆をおすすめしました。

 

万年筆初心者はラミー サファリがおすすめ?その理由は?

 

また、2万円程度で買える、外国産万年筆では、

ウォーターマンのチャールストンをおすすめしています。

 

ウォーターマンの万年筆を評価!チャールストンがおすすめ

 

そこで今回は、約1万円で買える管理人おすすめ万年筆として、

プラチナ #3776センチュリー万年筆を紹介します。

 

スポンサーリンク

お得な1万円クラスの国産万年筆

せっかく1万円出して万年筆を買うのですから、

金のペン先がついている万年筆がほしいですよね。

 

国産万年筆メーカーはプラチナの他に、

パイロットセーラーがありますが、各社とも1万円で

14金のペン先がついている万年筆を発売しています。

 

1万円は書き味、品質などにおいて、本格的な万年筆の

要素を満たした基本的なクラスです。

 

つまり、メーカーとしての基本が問われてくる

価格帯なのですが、国産3社とも優劣をつけるのに困るほど、

高品質な商品を提供してきました。

 

ところが最近、プラチナ万年筆が1万円クラスの万年筆を

新規にリニューアルして1歩リードした感があります。

スポンサーリンク

1年後でもペン先が乾かない?
プラチナ#3776 センチュリー

万年筆に対して「お作法がうるさそう」「インクがすぐに乾く」など

よい印象を持たず、手を出さない人は多いかと思います。

 

管理人も万年筆を使い始めのころ、インクをいれたまま放置して

ペン先を乾かしてしまい、万年筆ってめんどくさい・・・とペン先を

洗いながら思った記憶があります。

 

そんな、万年筆の欠点の1つを克服すべくプラチナ万年筆が、

開発したのがスリップシール機構と呼ばれるものです。

 

そのスリップシール機構が、定価約1万円の

#3776 センチュリー万年筆に付けられ、新しく発売されました。

plutium

出典:http://www.platinum-pen.co.jp

この万年筆のうりは、キャップさえしめておけば1年間放置しても、

インクは乾いておらずすぐに使える点にあります。

 

通常の万年筆は半年もすれば、ほとんどの万年筆のペン先は

乾燥でカチカチになりますので、これはすばらしいです。

 

スリップシール機構のしくみ

これがインナーキャップの気密性を向上させる

スリップシール機構です。

plutium2

出典:http://www.platinum-pen.co.jp

ペン先を収納してキャップのネジを締めると、

バネが縮みクルッとインナーキャップが回ります。

 

そうすることで、首軸(万年筆持つ部分)の先端と

インナーキャップの隙間をしっかり密着させて

気密性を確保するしくみになっています。

 

通常、キャップ内の気密性をあまり高めると、

キャップをとる時に、キャップ内の気圧の変化から

インクが漏れる可能性があるんです。

 

そのためメーカーによっては、インク漏れを防ぐ目的もあり

気密性を緩めにしていると言われています。

パーカーなどが代表例ですね。

 

それが、スリップシール機構のバネの力により、徐々に気圧

を変化させて行くことが可能になるので、インク漏れの問題を

解決しながら気密性を確保することに成功しているわけです。

 

plutium5

出典:http://www.platinum-pen.co.jp

 

万年筆に興味があっても、あまり使う機会がなくて

ペン先を乾かしてしまう人が多いんですが、

これだと、年賀状だけの使用でもOKです。

 

さすが世界に誇るメイドインジャパンですね。

plutium3

 

かんじんの#3776 センチュリーの使い勝手は?

標準的な万年筆と比べたらやや小型なサイズです。

重さも軽めですし、性の手にはジャストなサイズではないでしょうか。

 

ペン先の硬さは、セーラーやパイロットなどに比べたら硬めで、

サリサリっと鉛筆を少しなめらかにした様な書き味が特徴です。

使い続けると少しづつより滑らかになって行きます。

 

プラチナ万年筆は、ペン先が硬め・インクフローが

少なめの会社ですので、日本語がとても美しく書ける

ペン先で定評があります。

 

楽天・Amazonでのレビューも高評価

プラチナ#3776センチュリーの購入後の

満足度はかなり高いようですね。

 

楽天・Amazonレビューで5点4.5~4.9点と高評価を得ており、

ほとんどの方が5点か4点をつけています。

 

筆記感はもちろんのこと、質感の高さに満足している方も

多いみたいですね。また、ワイン・ブルーの透明軸の美しさ

も評価が高いです。

plutium4

出典:http://www.platinum-pen.co.jp

 

価格は?

定価1万円弱、楽天・アマゾンだと8千円台の価格です。

高い質感・特別な機能を持った本格万年筆としては、

かなりお得ではないでしょうか。

 

ちなみに管理人は、珍しいシャルトルブルー色の

万年筆を使っています。この色は店舗によっては

品切れになるほど人気で、キレイで使いやすい万年筆です。

職場のお隣の女性には、

オシャレで国産のわりにオジサンくさくない高評価でした。

 

終わりに

いかがでしたか?

今回は1万円で買える国産万年筆として、

プラチナ#3776センチュリーを紹介しました。

 

  • 14金のペン先
  • インクが乾きにくい万年筆
  • 高い質感

 

などの点を考えると、文具好きからすると

おすすめしたくなっちゃう万年筆です。

 

興味のある方はぜひ1度試してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ